1. トップページ
  2. 健康経営コラム
  3. 安全衛生委員会のネタでお困りの方必見!マンネリを防ぐテーマの選び方

安全衛生委員会のネタでお困りの方必見!マンネリを防ぐテーマの選び方

森賀麻由良(もりか まゆら)

産業医・循環器内科医

某国公立大学医学部医学科卒業後、循環器内科医として20年以上のキャリアを積む。 現在は総合病院循環器内科に勤務しながら、2020年より本格的に産業医業務に従事している。 現在は、東証一部上場企業をはじめ複数の企業の嘱託産業医として産業保健活動に携わる。 高血圧をはじめとした生活習慣病の予防と管理から、過労死を減らすことを目標として活動中。

毎月の安全衛生委員会のネタやテーマ選びについて、お困りの方も多いのではないでしょうか。
「勝手が分からない」、「マンネリ化してしまう」、「テーマ選びに時間がかかる」など、多くの担当者が一苦労感じているようです。
この記事では、議題にすべき内容やテーマの選び方、1年間のスケジュールの具体例と2021年のトピックについて詳しく解説いたします。

安全衛生委員会で議題にすべき内容は?

まずは安全衛生委員会で議題にすべき内容について確認していきましょう。

厚生労働省によると、安全衛生委員会で話し合うべき基本的な内容として以下の事項が挙げられています。

  • 労働者の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること
  • 労働者の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること
  • 労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に関すること
  • 前三号に掲げるもののほか、労働者の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

上記は安全衛生委員会で議論されるべき基本事項であり、これらの基本事項を踏まえた上で安全衛生委員会で審議すべき具体的なテーマ内容は法律上以下のように定義されています。

出典:厚生労働省「安全衛生委員会を設置しましょう」

より効果的なテーマ・議題選びのポイント

安全衛生委員会について法律で要求されている基本事項を踏まえた上で、自社の労働環境をより良いものにするために、より効果的なテーマや議題の選び方についてのポイントを簡単にまとめました。

当番制にする

同じ人ばかりがネタを考えると、どうしてもマンネリ化してしまいます。また、ネタを考える人以外は会議の参加に受動的になり、活発な意見交換が望めません。ネタを考える人を当番制にして全員が選定に関わるようにすれば、会議自体の活性化が期待できます。

時事ネタを入れる

現在世間で何が問題となっているかを知り、社外の状況に対してアンテナを張り巡らせることはとても大切です。

自社にあった議題をテーマにする

時事ネタとして世間のトピックを知っておくことも大切なことですが、自社に全く関係のない内容ばかりでは効果的な安全衛生委員会になっているとは言えません。自社で困っている内容や自社の事業内容と関係していることをテーマとし、より自社にとって有意義で効果的な会議となるよう心がけましょう。

例えば社内で実施している健康診断やストレスチェックの結果の分析しテーマとしてとりあげるなどは、社内の健康状態の確認や、長時間労働の是正にもつなげられます。

社内から公募してみる

安全衛生委員会のメンバーだけではなく、社内から取り上げてほしいネタを公募するのは一案です。メンバーには思い付かなかったようなテーマや、これまで見えていなかった社内の問題点が浮き上がってくるかもしれません。

産業保健21」や「労働安全衛生のしおり」など、産業衛生に関わる信頼できるソースからトピックを取り上げる

産業衛生上の課題は、自社独自のものと全ての会社に比較的共通したものに分けられます。全ての会社に共通した課題については、すでにある程度の解決策が見出されているものも数多くあります。インターネット上の情報は誤っているものも散見されますので、公的機関などからの情報を取り上げましょう。

安全衛生委員会テーマ例 1年分スケジュール

テーマの決め方や内容についての理解が深まったかと思いますが、毎月テーマを考えることに大きな負担を感じるかもしれません。年頭や年度初めなどに年間スケジュールを立てることをお勧めします。ここでは季節的な事柄や時事ネタ、自社特有のテーマなどを組み合わせて、年間スケジュールの例を作成してみました。例えば毎年8月は公募テーマなどと言うように決めておくと良いでしょう。全てをそのまま取り入れることは難しいと思いますが、一つの例として参考にしてみてください。

【安全衛生委員会 1年分のテーマ例】

1月 ・(職場で最も労災適用が多いものについて)例:転倒・転落災害、VDT障害の防止など

・労働時間に関する部署別統計の作成と改善案の検討

2月 ・従業員の有給消化率状況の確認と対策案の検討

・ワークライフバランス〜長時間労働の防止と健康障害対策

3月 ・花粉症対策

・安全衛生教育の実施計画作成

4月 ・安全衛生に関する基本知識

・就業規則の改正・労災補償基準の明確化

5月 ・時事ネタ 今年度の安全・衛生に関わる法律の改正について

・メンタルヘルス対策

6月 ・生活習慣病の予防

・睡眠、休養と健康

7月 ・職場独自のネタ 今年度の健康診断の結果と事後措置、対策

・タバコと健康

8月 ・社内から公募したネタ

・食事と健康 デリバリーランチなど福利厚生の利用状況確認、改善検討

9月 ・スポーツやジムなど福利厚生施設の加入と健康づくり支援

・交通事故を含めた通勤災害の予防

10月 ・時事ネタ 治療と仕事の両立について

・ハラスメント対策

11月 ・インフルエンザやウィルス性腸炎など感染症の予防

・今年度のストレスチェックの結果と対策

12月 ・時事ネタ 今年度の社内のトピック

・アルコールとの上手な付き合い方

2021年 今議題にしておきたいネタ

安全衛生委員会のテーマには、時々で良いので時事ネタを入れるとマンネリを防ぐことができます。2021年に注目されているトピックをいくつかご紹介します。

新型コロナウイルス感染症

2021年のトピックといえば、外せないのが新型コロナウイルス感染症についてです。そもそも新型コロナウイルス感染症とは何か、感染予防のポイント、コロナウィルスワクチンについてといった病気そのものに対するテーマはもちろんのこと、テレワークにおける腰痛対策やコロナ鬱・在宅ストレス、緊急事態宣言との付き合い方などといった働き方の変化についての話題も大きなトピックです。

働き方改革

ここ数年、働き方改革について大きな話題となっております。これまでは猶予期間で中小企業への罰則適用が猶予されてきましたが、2020年4月から時間外労働の上限規制(罰則付き)、2021年4月から産業医・産業保健機能の強化についての規制が中小企業に対しても適用されるようになっています。まだ対応しきれていない企業は要注意です。

LGBT、外国人などマイノリティへの対応

LGBTや外国人従業員のような数的マイノリティへの配慮も社会的に話題になっています。これから増加すると予測されるので、今は事業所内に該当者がいないとしても最低限の知識が必要です。

テーマ・議題選びのNG例

安全衛生委員会のテーマは上に挙げたように多種多様であり、自社の事業内容や困りごとに合わせて幅広く設定することが可能です。しかしながら、職場の安全・衛生に関わる問題であれば何でも議題に載せて良いというわけではありません。ここでは陥りがちな失敗と具体的なNG例を提示いたします。

陥りがちな失敗・NG例

毎年同じ話題・資料を使い回す

例えば冬にはインフルエンザ、夏には熱中症など毎年テーマが同一になる場合があるかもしれませんが、毎年同じテーマや資料を使い回すことはマンネリ化を引き起こす要因に繋がります。前年と同じテーマにする場合でも毎年内容がアップデートしたり、自社の分析内容などを盛り込んで、内容に変化をつけることを意識しましょう。

産業医に丸投げしている

日常の活動でもよくみられることですが、産業医に産業保健上の判断を丸投げしている企業がよくあります。産業医はあくまでも医学知識をもとにしたアドバイザー的な存在であり、企業内のことについては企業に所属する担当者に責任があります。さらに産業医にテーマを選択させると、当然医学的な内容に偏ってしまいます。

個人が特定されるような事例をテーマにする

個別の事例からわかった職場環境の問題点について議論をすることは大切ですが、個人情報保護の観点から、例え企業内の関係者のみが集まる会議であっても、個人名を出したり、事例から個人名が特定されるような話題の出し方は不適切です。実名を出すのは、その事例に関係のある従業員の間に留めましょう。

抽象的

せっかく貴重な時間を割いて議論するため、その後自社にとって有益な時間となるよう具体的な内容を話していきましょう。

例えば、「生活習慣病 予防」をテーマに議論をする際は、一般的な生活習慣病の予防策について取り上げるだけでなく、その後の社員の生活習慣病への意識を変えるための注意喚起を促すメールを送るなど、具体的な行動を検討することができるとよいでしょう。

専門的すぎる

安全衛生委員会のメンバーは、毎年変わることがあります。元からいるメンバーには当たり前のことでも、新しいメンバーには全く分からないと言うことがよくあります。初めから専門的な内容を行うのではなく、年間計画を立てて段階的に難度を上げていくとよいでしょう。

自社に全く関係のない内容

例え世の中のトピックだとしても、毎月自社と全く関係のない内容を取り上げてしまうと、メンバーの興味関心が薄れ、結果として会議がマンネリ化してしまいます。なるべく自社独自の話題を中心に取り上げ、ニュースや時事ネタを取り上げる場合も自社に関係のある話題を選ぶようにしましょう。

安全衛生委員会を実施する際の注意点

ここまでは、安全衛生委員会のテーマ選びについて解説してきました。最後に、安全衛生委員会を実施するうえで注意しておきたいポイントを簡単に解説します。

意見の偏りに注意する

会議当日に気をつけたいポイントは、発言者の偏りです。ファシリテーターは、特定の一人だけが発言しすぎることがないように気を配る必要があります。特に事業者側の意見に偏らないように、労働者側も含めた各メンバーの意見を求めることが、意義のある安全衛生委員会を開催する上でとても重要です。

産業医との連携・活用

安全衛生委員会の実施において、産業医は医療を修めた専門家の目線から、職場環境、そして労働災害の原因および再発防止についてアドバイスをする役割を持ちます。

産業医は専門家としての意見を述べる会社(事業者)側のメンバーであって、衛生委員会を仕切る立場ではありません。
安全衛生委員会の進行はもとより、産業保健活動に関する最終決定はあくまでも企業側が責任をもって行うものです。
テーマ選びや議事録の作成についても企業主導で準備しておきましょう。

【フォーマット配布中】実施後は「議事録」を保管する

安全衛生委員会を無事に実施した後には、議事録の提出及び保管が3年間義務付けられています。提出が必要となっていることをご存知の方は多いと思いますが、法律上必要とされているのは「提出」ではなくあくまで「保管」です(安衛則23条4項)。労働基準監督署の立ち入り検査(臨検)があった場合には必ず衛生委員会の議事録がチェックされますので、きちんと保管しておきましょう。

【無料でダウンロード可能】安全衛生委員会の議事録フォーマットはこちら

【サンプル集無料公開中!】安全衛生委員会のテーマ・議題

毎月テーマを決めることは大変かと思いますが、効率的な議題選びの方法や運営方法のポイントを抑えて負担を減らしながら、参加者全員はもとより企業内の全員に有意義な会議となるようお役立ていただけますと幸いです。

最後に、エムスリーキャリアでは安全衛生委員会のネタにお困りの方向けに、安全衛生委員会のテーマサンプル集を配布しております。下記のダウンロードURLから無料でダウンロードいただけますので、テーマ選びにお困りの方はぜひダウンロードの上ご参考ください。

【ダウンロードURL】安全衛生委員会の資料準備に!テーマサンプル集はこちら

  • 従業員50名以上の事業場に求められる健康労務上の4つの義務

    従業員50名以上の事業場に求められる健康労務上の4つの義務

    従業員数が50名を超えた事業場には、労働法令によって4つの義務が課せられています。

    「そろそろ従業員が50名を超えそうだけど何から手をつければいいんだろう」「労基署から勧告を受けてしまった」。従業員規模の拡大に伴い、企業の人事労務担当者はそんな悩みを抱えている人も少なくありません。

    本資料ではそのようなケースにおいて人事労務担当者が知っておくべき健康労務上の義務と押さえるべきポイントについて詳しく解説していきます。

  • 衛生委員会テーマサンプル集

    衛生委員会テーマサンプル集

    安全衛生委員会のテーマ資料サンプル集です。
    「ハラスメント」「メンタルヘルス」「業務災害」の3つのテーマについて
    委員会でご利用いただける資料のサンプルをダウンロードいただけます。

    効果的な議論を行うためにも、ぼんやりとテーマを決めておくのではなく
    テーマについて下調べし、資料を作成しておくことが大切です。

    参加者の論点を揃え、具体的な話や改善策の検討につながるように準備しておくとよいでしょう。

お電話でのお問い合わせ 03-6895-1762

受付時間:土日祝を除く10:00〜19:00

紹介会社
比較表付き!

5分でわかる!産業医サービス紹介パンフレット

エムスリーキャリアが提供する産業医紹介サービスについて分かりやすく1冊にまとめたパンフレットです。
従業員規模やお悩み別におすすめの産業医サービスがひと目でわかります。

資料請求する
  • お見積り・お問い合わせ

    サービスに関するご質問や相談等がございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ
  • お役立ち資料

    人事労務担当者が抑えておくべき産業保健に関するノウハウや、産業医紹介サービスの概要資料を無料でご覧いただけます。

    ダウンロードはこちら
  • サービス説明会

    20分でわかる!M3Careerの産業医サービスオンライン説明会
    日時 平日2回(10:00〜/14:00〜)

    参加申し込みはこちら